等価交換の盲点/お金の本質

売買(購買)というのは、基本的には「等価交換」を前提に成り立っていると言われます。

100円の魚を買うときは、それが100円という価値である・・・ということを前提に購買しているわけです。

 

昔、お金が登場する前は「物々交換」で行なわれていました。

ところが、物々交換には欠点がありました。

一つは、自分が欲しいと思うものを相手が持っているとは限らない

一つは、自分の持っているモノの価値を相手が正当に評価してくれるとは限らない

一つは、価値の差額を解消する手段がない

・・・などです。

そこで重宝となって登場してきたのが「お金」という概念です。

 

お金は全国共通で同じ価値を共有することができます(← 逆に言うと、同じ価値を共有するという前提で編み出されたと言えます)。

 

お金を使った売買であれば、自分の持っているモノをまずお金に換え、そのお金で自分が欲しいモノを買うことが可能tなります。

 

また、価値に差額が生じた場合にはその差額のお金を「お釣り」として相手に渡すことで売買がスムーズに行えるようになりました。

 

そのため「お互いに相手の持っているモノを気に入る」という概念が必要なくなり、お金を持ってさえいれば欲しいモノを購買できるようになりました。

 

・・・・・・・・・・・・・・

物々交換は「等価交換」です。

「等価」であることが大前提であり、だからこそお互いに納得して売買(交換)をすることができました。

 

ただし、ここで重要な盲点が一つあります。

それは「とらえる価値の尺度は異なる」ということです。

 

どういうことか?と言うと、自分が持っているモノは「それを手に入れるためにどれだけ苦労したか」で測り、相手が持っているモノは「それが自分にどれだけ役に立つかで測る」・・・ということです。

 

人は、自分が苦労して手に入れたモノを手放すときは「もったいない」と思います。

 

たとえそれが役に立たない/使えないシロモノであっても、それを得るために費やした苦労で測ってしまうためにそう思うのだと思います。

 

ところが、相手の持っているモノに関しては、相手がどれだけ苦労して手に入れたかなんてわかりませんから、「そのモノが自分にとって役に立つか?役に立るならどの程度役に立つのか?」という観点のみで価値を測ります。

 

だから、自分にとって役に立たないものだったら、相手がどんなに 「これを手に入れるのにどれだけ苦労したかわかってのかよ~」と言っても、「そんなこと知らない/こっちには関係ないね」で済ませてしまうわけです。

 

このように、自分のモノと相手のモノを同じ基準では見ていない・・・というところに物々交換における「等価交換の盲点」があります。

だから、物々交換はとても面倒だし、なかなか成立しにくいのだと思います。

 

したがって、やはり第三者的に全国共通の価値観を持つ「お金」は有効になります。

 

今ではお金がなければ経済社会はまわらなくなっています。

 

お金があるからこそ、人は遠く離れた人とでも売買(交換)をすることができて、欲しいモノを手に入れ、要らないモノを売却することを容易にできますし、形・呼び名は変わってもこの本質的要素だけは今後も重要になると思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2021-5-14

    FIREに学ぶ「支出から割り出す」財資産の金額

    昨年、アメリカでは「FIRE」と呼ばれるライフスタイルが注目され、それに関する本がよく売れたそうです…
  2. 2017-4-13

    企業にとっての「優良顧客」とは?

    自社商品を購入してお金を支払ってくれる人はどんな会社にとっても「お客さま」ですが、あえて区別をすると…
  3. 2018-3-26

    リタイア後の3つの収入源

    戦国武将・毛利元就の「3本の矢」の教訓は有名です。 本質は「1本の矢だとすぐに折れてしまうが3…
  4. 2017-3-7

    働くとなぜお金がもらえるのか?

    働く(もしくは仕事をする)と、たいていはお金をもらえます。 逆に言えば、お金をくれないのならほ…
  5. 2017-6-5

    もし1億円の貯金があったら?

    たとえば、サラリーマン時代に残業・休日出勤などを厭わずにせっせと働いて、一生懸命にお金を貯めて、その…
  6. 2017-6-2

    真剣と深刻の違い/真剣に考えると○○が出ます

    「真剣に考える」と「深刻に考える」とは意味合いが異なります。 人は未来に目を向けて肯定的に可能…
  7. 2018-9-26

    企業の成長期・発展期は借金経営のほうがベター

    一般的には、家計において借金はしないほうがベターです。 なぜなら、その借金は「消費」に充てられ…
  8. 2017-5-18

    お金の仕組みを活用できる人/できない人

    現在、お金は単なる数字でしかない・・・とも言えます。 銀行預金の通帳はただ数字が印字され、一行…
  9. 2016-12-26

    不動産投資・投機熱が上がっている?

    先日、街の不動産屋さんの前を通りかかったら、表のガラス窓に「あなたもサラリーマン大家さんになりません…
  10. 2017-4-9

    【新年度】挫折しない「目標設定」で大事なこと

    人は、年初に目標を設定したりします。 キチンと紙に書いている人もいると思いますが、単に自分の願…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る