労働者(=使用人)として働いても、収入には上限がある・・・

「収入の上限が決まってる分野で頑張る」か、「収入の上限がない世界で頑張る」か?と聞かれたとき、人によって回答は分かれると思いますが、私は20代の頃から一貫して後者のパターンです。

 

だから、大学卒業後に選んだ職種は「営業職」でしたし、30歳で転職をしたときに選んだのも「営業職」でした。

営業職には「収入は青天井・・・実績に応じてやればやっただけ収入をあげられる」という可能性があります。

 

・・・・・・・・・・・・・

前に進むときは、いわゆる「登る山」を最初に設定することが大事です。

 

目指す方向を間違えると、長い長い梯子(はしご)を上って最後の最後に、実は梯子をかける場所を間違えていた!・・・と気づいたのでは遅すぎます。

 

その段階で、そこから下に降りて上り直すことはとても難しいからです。

梯子は最初から正しい場所にかけることが大事です。

 

何だかんだと言っても、世の中はそう甘くないので、「ちゃんと基礎をガッチリ学んだ真面目な人がガンガン稼いでいき、そうではないような人はなかなか稼げない・・・」ということはある程度真実だと思います。

多くの人は稼げるだけの力がないので「誰かに/何かに依存して稼がせてもらう」ことを求めがちです。

 

「労働者として頑張る」を目標にしても、お金を稼げる上限には限りがあります。

 

試しに、自分が今勤務している会社の最高上位職(社長など経営陣を除く)の人の年収がいくらくらいかを想像してみると良いと思います。

 

せいぜい1千万円~2千万円くらいだと思います(それだけもらっている人がいる会社は相当大きい会社か、かなり給与体系がしっかりした会社だと思いますが・・・)。

経営陣を見ても、もしかすると同様かもしれません。

 

なかなか通常のサラリーマンンで2千万円を超える給料をもらっている人はいないと思います。

 

一方、株やFXなどの投機でうまく当たれば、まあ、一時的にではあるもののかなり多くの収入を得ることができます。

 

それこそ2千万円なんて目じゃありません。

 

税金はかかりますが、かなりの部分が自分のものになります。

 

私は「投機」はお勧めしませんが、「投資」はお勧めします。

 

結局何が言いたいのか?と言うと、「労働者(=使用人)として働いても、収入には上限がある」ということです。

 

それもまた良し……なのですが、将来の生活やより安定した経済的基盤を持とうとするなら、サラリーマンの上限枠を超えた収入を得られるように「収入源をたくさん持つ」のが良いと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-8-20

    新社会人に必要な「多岐亡羊(たきぼうよう)」とは?

    クイズやレジャー施設にある「迷路」というのは、「入口は一つ、出口も一つ、でもその途中経路は複雑でいく…
  2. 2017-5-24

    【重要】「人生お金がすべてではない」とは誰が言う言葉なのか?

    「お金(給料・報酬)で仕事を選ぶ人」は、結局のところ、お金を向いて自分の行動基準を設定しています。 …
  3. 2018-1-30

    欲をかかなければ老後の20万円収入はカンタンに手に入ります

    銀行預金にお金を置いておいてもほとんど利息はゼロ円の時代です。 老後の生活費を貯金の取り崩しで…
  4. 2019-6-3

    不動産投資(賃貸事業)のしくみ

    中古マンションやアパートや一戸建てを賃貸に出すことで「家賃」を得て、それを自分の生活費として暮らして…
  5. 2017-10-14

    年収ばかりを追い求めないで・・・

    人が幸せを感じる主な要因の一つに「お金(収入・貯金)の満足度」が挙げられます。 確かに、収入が…
  6. 2019-4-26

    不動産投資を始めてみよう!

    不動産投資というと、バブル期に盛んに行われていたような「物件の値上がり益を狙って転売による儲け」をイ…
  7. 2016-9-28

    「やれたらやります/行けたら行きます」は禁句

    日本人ははっきり断ると角(かど)が立つような気がして、ついつい曖昧な返事をしてしまう・・・とよく言わ…
  8. 2017-1-15

    私が大切にしている「人生変化プロセス論」

    私は幼い頃、前ばかりを見ていたので過去を振り返る事はほとんどありませんでした。 少し成長すると…
  9. 2020-6-11

    安易に「副業」を始めて二重に苦労をしてはいけない・・・

    ちょっと前まで新型コロナで世間は不安と恐怖でいっぱいだったと思いますが、「喉元過ぎれば熱さ忘れる」・…
  10. 2019-3-27

    副業をするなら意識しておきたいキーワード3つ

    サラリーマンの中には、本業の仕事以外に「副業」として土・日などの休日に働こうとしている人も増えてきて…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る