不動産投資に興味を持ったなら・・・

不動産投資をやっていると、「こうすれば月に○万円稼げる」とか「月に△万円稼ぐにはどうすれば良いだろうか?」などという思考をしょっちゅう行なうようになります。

 

それを考えることは全然苦痛ではなく、むしろ楽しいと思えるようになります。

 

そんな中で、いろいろな自分独自の「判断基準」が生まれてきます。

 

・・・・・・・・・・・・・

月に5万円の収入アップを目指すなら、月に家賃収入を5万円分作れば良いだけです。

 

そのための前提条件として「年間投資利回りで10%を下回らない」ことを掲げるなら、5万円×12ヶ月=60万円ですから、年間60万円が10%の利回りになっていれば良いわけで、すなわち600万円の投資案件を購入すれば良いことになります(ここでは手数料や税金を省いて計算しています)。

 

600万円の不動産物件を1戸買うも良し、300万円の物件を2戸買うも良し、200万円の物件を3戸買うも良し・・・です。

いずれにしても、月に5万円の家賃を得ようと思ったら、600万円規模の物件を持つ必要があるわけで、これがわかれば後はそれに向けて実行するのみです。

まずは、600万円を貯めるための貯金活動を行なうことが優先事項になると思います。

 

お金を貯めるのは時間がかかりすぎてイヤだという場合は、600万円を借りるという手もあります。

 

ただし、借りた場合は「返す」ことが必要なので、返し終わるまでは「月に5万円」は実質的には望めなくなります。

 

→ じゃあ、600万円ではなくて3000万円借りれば良いのかな?・・・という発想も浮かんできます。

 

不動産投資に興味がある人は、ぜひ自分で不動産投資を「実際にやってみる」・・・という経験の道をおススメします。

 

99%の人は「お金を稼げるようになったらやってみようかな?」という意識だと思いますが、残りの1%のすぐに行動を起こす人こそが、どんどん先へ進んで「経済的自由」に近づいていきます。

 

(お金を)稼げるようになったら・・・と言っているだけで実際には何も行動を起こさない人は多いものです。

 

その他大勢と同じ行動をしている限り、その他大勢と同じような人生=経済的にも精神的にも行動的にも不自由な人生を歩むことになりかねない・・・と思いますので、興味を持ったら「とにもかくにも行動を起こす」ことが大事だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2016-10-12

    権利収入の一つ、継続課金制度を導入しているか?

    電気・ガス・水道・電話の「基本料金」と呼ばれるものは、それを使おうと使わなかろうと関係なく毎月継続的…
  2. 2018-2-27

    営業で売り込まれることを人は望まない

    下手くそな営業手法は「売らんがために自分勝手で、都合の良いことだけを喋りまくる」ようなやり方です。 …
  3. 2018-10-31

    不動産投資の物件情報の収集方法

    今年の年初に「今年こそは不動産を買って家賃収入を得ていこう!」という思いを持っていた人もいると思いま…
  4. 2017-10-6

    去年よりは今年、今年よりは来年!毎年収入を増やす発想

    人は、お金の絶対額が同じでも上がってその金額になるのは嬉しく、下がってその金額になるのは悔しく感じる…
  5. 2021-6-11

    死ぬときに後悔をしないための決断

    人生は選択の連続ですが、ほとんどの場合、人は無意識化で選択・行動をしているために「自分が選択の連続で…
  6. 2021-8-11

    「働いてお金を得る」ことの意味

    どんなにつまらないと思えるような仕事であっても、それが「仕事」である以上は必ず誰かの役に立っているハ…
  7. 2016-12-26

    不動産投資・投機熱が上がっている?

    先日、街の不動産屋さんの前を通りかかったら、表のガラス窓に「あなたもサラリーマン大家さんになりません…
  8. 2017-3-27

    継続すればいつか到達できます

    たとえば、今高速道路を走っていて目的地は100km先にあるとします。 高速道路ですから、時速1…
  9. 2018-1-15

    残業が減って「副業」が認められる時代

    昨年大きな話題となったことの一つに「電通に端を発する長時間労働問題」や「政府公認による企業の副業禁止…
  10. 2020-12-20

    使えばなくなる現金、お金を生み出す資産

    一般的に、公務員の給料日は毎月20日、民間サラリーマンの場合は25日や30日、中でも中小企業の場合は…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る