資本が軽くなっていく先に待ち受けていること

資本は時代とともに「どんどん軽くなって」きているように思えます。

昔は「資本」と言えば資産と同じで、それは金貨・銀貨だったり、あるいは米だったりしました。

いわゆる「実物資産」なので重みがありました。

人の手で持つことはできるけど、そんなに多くは持ち運びできない、といったものでした。

 

やがて、それは土地や建物といった不動産に置き換えられるようになりました。

不動産の場合は文字通り「動かすことができない」ものです。

でも、「実体」はあったわけです。

その後出てきたのは「紙」だったり、金を他の安い貴金属で薄めた貨幣だったりして、少しずつ持ち運びしやすいものに変わっていきました。

 

基本的には、ただの紙切れに過ぎない「紙幣」「株券」「債券」などを国が保証してくれている前提があって、人々は価値保存先として用いています。

 

札束というのは、その紙幣に価値を見出しているから「すげ~~」となりますが、客観的に見ればただの紙をまとめたものに過ぎません。

次に出てきたのが電子マネーです。
実物から「デジタル」になりました。

 

ついに「実体」がここで消え、実体がないので「重さ」もなくなりました。

 

「人類の資産(資本)はどんどん軽くなり、かつ、実体がなくなってきている」・・・と言えそうです。

今の世の中は、「電子決済」という流れに傾いています。

 

電子決済には「機械(パソコンやスマホ等)」が必須アイテムであり、機械を動かす動力は「電気(電子)」です。

 

この2つがなければ、どんなに資産を持っていても、何も持っていないのと同じです。

 

電子決済では、スマホなどがなければ1円たりとも動かすことはできません。

すべて「サイバー上の電子記録」となっているからです。

そして、「サイバー上の電子記録」となれば、その先に待っていることは一つです。

1.誰かが

2.何かのきっかけで

3.その記録をすべて削除してしまったなら

→対象者は一気にゼロに逆戻りさせられる・・・ということが起こり得ます。

 

いわゆる「リセット」です。

 

データーが削除され、それを復元する術がない!としたら、すべての資本(資産)はなくなり、またすべての借金もなくなり、それまで持てる人だったか持っていない人だったかは関係なく、全員が平等になります。

 

全員がゼロ(=持っていない人)になるわけです。

 

文字通りゼロからの出発・・・となります。

 

まあ、そうならないことを願っていますが、そんなSF小説みたいなことが現実に起きてしまうのが未来予想図の一つの可能性かもしれないですね。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2021-5-12

    我慢せず「移動すること」を選択する意思

    地震被害・台風被害・水害・風雪被害のニュースをテレビで見聞きすると、被害に遭わた人たちの苦労が忍ばれ…
  2. 2017-10-1

    【必読】恐怖を軽減させる手法とは?

    人は恐怖を感じると、身が縮こまって動きが取れなくなります。 主な原因は脳が一時停止してしまい、…
  3. 2018-3-11

    成功は約束されなくても「成長」は約束される…

    人間は、今、自分が決して安全地帯にはいないんだ・・・という自覚を持っていると、真剣になり、集中し、必…
  4. 2018-4-14

    社会人1年目の人へのアドバイス

    新入社員・・・社会人1年目の人が「何かアドバイスをください・・・」と聞いてきたなら、私はいつもこうア…
  5. 2019-7-18

    中国人はなぜ加速的に裕福になったのか?

    かつて、「労働賃金が安い」という理由で工場を中国に作ってビジネスを展開してきた企業も、今では「中国の…
  6. 2019-12-1

    投資・資産運用では退場しないことが大事/敗者のゲームと知る

    たとえばテニスの試合で、プロ選手とプロ選手が試合をするときと、素人が素人と試合をするときとでは、勝負…
  7. 2017-5-21

    お金を稼ぎたい人の動機3パターン

    お金を稼ぎたい人の動機はだいたい3パターンに分かれます。 一つは家計を「マイナスから0」にする…
  8. 2017-3-9

    歳をとるほどに若者と話すときの留意点とは?

    同じ家に住む家族であっても、親と子どもの見ている視界は別々です。 子どもが小さい頃には、親は子…
  9. 2018-1-18

    「5W2H」が「6:1」に分かれる理由とは?

    ビジネスでは「5W2H」を意識することが大切です。 When  いつ? Where  ど…
  10. 2017-12-13

    2回立ち読みするほどの雑誌や本は・・・

    書店やコンビニでは雑誌や書籍を立ち読みすることがけっこう可能です。 たまたま時間が空いたときな…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る