資本が軽くなっていく先に待ち受けていること

資本は時代とともに「どんどん軽くなって」きているように思えます。

昔は「資本」と言えば資産と同じで、それは金貨・銀貨だったり、あるいは米だったりしました。

いわゆる「実物資産」なので重みがありました。

人の手で持つことはできるけど、そんなに多くは持ち運びできない、といったものでした。

 

やがて、それは土地や建物といった不動産に置き換えられるようになりました。

不動産の場合は文字通り「動かすことができない」ものです。

でも、「実体」はあったわけです。

その後出てきたのは「紙」だったり、金を他の安い貴金属で薄めた貨幣だったりして、少しずつ持ち運びしやすいものに変わっていきました。

 

基本的には、ただの紙切れに過ぎない「紙幣」「株券」「債券」などを国が保証してくれている前提があって、人々は価値保存先として用いています。

 

札束というのは、その紙幣に価値を見出しているから「すげ~~」となりますが、客観的に見ればただの紙をまとめたものに過ぎません。

次に出てきたのが電子マネーです。
実物から「デジタル」になりました。

 

ついに「実体」がここで消え、実体がないので「重さ」もなくなりました。

 

「人類の資産(資本)はどんどん軽くなり、かつ、実体がなくなってきている」・・・と言えそうです。

今の世の中は、「電子決済」という流れに傾いています。

 

電子決済には「機械(パソコンやスマホ等)」が必須アイテムであり、機械を動かす動力は「電気(電子)」です。

 

この2つがなければ、どんなに資産を持っていても、何も持っていないのと同じです。

 

電子決済では、スマホなどがなければ1円たりとも動かすことはできません。

すべて「サイバー上の電子記録」となっているからです。

そして、「サイバー上の電子記録」となれば、その先に待っていることは一つです。

1.誰かが

2.何かのきっかけで

3.その記録をすべて削除してしまったなら

→対象者は一気にゼロに逆戻りさせられる・・・ということが起こり得ます。

 

いわゆる「リセット」です。

 

データーが削除され、それを復元する術がない!としたら、すべての資本(資産)はなくなり、またすべての借金もなくなり、それまで持てる人だったか持っていない人だったかは関係なく、全員が平等になります。

 

全員がゼロ(=持っていない人)になるわけです。

 

文字通りゼロからの出発・・・となります。

 

まあ、そうならないことを願っていますが、そんなSF小説みたいなことが現実に起きてしまうのが未来予想図の一つの可能性かもしれないですね。

 

澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

注目のお勧め記事!

  1. 2016-9-28

    「やれたらやります/行けたら行きます」は禁句

    日本人ははっきり断ると角(かど)が立つような気がして、ついつい曖昧な返事をしてしまう・・・とよく言わ…
  2. 2017-2-8

    お金の失敗を早く経験することも大切

    外国の子どもは「働かないとお金を手に入れられない」という発想が身についていると言われます。 そ…
  3. 2019-8-10

    親の遺産を当てにしないで生きる姿勢

    相続で「争続」になる人がいます。 意外なことに、そういった人は高額の遺産相続で揉めるのでは…
  4. 2019-7-7

    不動産投資物件の2つの求め方

    不動産投資では、自己資金を100%使わなくても銀行からお金を借りて(=ローンを組んで)行なうことが正…
  5. 2018-7-24

    成功法則を読んでも多くの人が成功できない理由とは?

    世の中には数多くの「成功本」と呼ばれる書籍があります。つまり、「成功するにはどうすれがいいか?」とい…
  6. 2018-11-3

    サントリー2代目社長佐治敬三の戦略に学ぶ

    サントリーの創業社長「鳥井信次郎」の実の息子である敬三氏は母方の姓を継いで「佐治敬三」と名乗っていま…
  7. 2018-5-7

    ドラえもんの未来小切手帳

    日本の「ドラえもん」にそっくりなキャラクターデザインを中国の会社が商標登録していたのを中国の裁判所が…
  8. 2018-5-29

    ケネディ一家に学ぶお金の話

    5月29日は、アメリカの元大統領ジョン・F・ケネディ氏が生まれた日です。 トランプ大統領が昨年…
  9. 2018-8-7

    「働く」のは自分ではなくお金を!

    海外旅行に行くといつも思うのは、たとえ自分が飛行機に乗って雲の上だろうが、客船に乗って海の上だろうが…
  10. 2018-4-14

    社会人1年目の人へのアドバイス

    新入社員・・・社会人1年目の人が「何かアドバイスをください・・・」と聞いてきたなら、私はいつもこうア…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る