お金の不安から早く解放されましょう

老後の不安がないように今のうちに十分な貯金を貯めておきたい・・・とか、働かなくてもお金が入ってくるような安定した不労所得がほしい・・・とか、子どもや孫に生活苦に陥らないだけの資産を残してあげたい・・・などと思う人は多いかもしれません。

 

思うのは自由であり、勝手ですが、問題はその「思った」あとに「どんな行動を起こしているか?」だと思います。

 

残念なことにそのほとんどの人は何も行動をしていません。

 

つまり「思って終わり」・・・です。

 

これは受験勉強でも恋愛でも仕事選びでも何でも同じことが言えます。

 

もしかすると、そういう人はこれまでの人生でも「思って終わり」の人生を歩んできているかもしれません。

 

そのことに早く「気づき」、そして自らの意思で「行動と習慣を改める」ことが大事です。

・・・・・・・・・・

2021年はまだ2か月が残されています。

 

2022年のステップアップに向けて、この2か月を良い意味での助走期間にすることが大事です。

まずは、この2か月の間に来年の運命を変えるべく、ちょっとした一歩を踏み出してみると良いと思います。

 

たとえば「金銭問題/家計問題」ですが、冒頭に書いたような願望を少しでも持っているなら、その実現に向けた一歩を踏み出せるかどうかが勝負の分かれ目です。

 

今後、増税や年金問題などが起きたとしても自分と家族は金銭面での不安がないように安心してく暮らしていける・・・と言えるだけの資産構築/権利収入の確保を行なうと良いと思います。

 

やる気と行動力さえあれば、すべての人にチャンスがあります。

 

お金を「稼いで使う」から「稼いだら貯めて、ある程度たまったら増やす」という思考で投資を組み立てていくと良いと思います。

 

そうやって早くお金の不安から解放されてください。

そして、人生をもっと楽しみ、旅行を楽しみ、新しい経験や刺激に心を震わせてください。

投資で増やした資産を使ってお世話になった人に恩返しをするのも一手です。

 

これまでお金を理由に我慢していたようなこと/やりたくてもできなかったことなどをさっさと叶えて実現していってください。

 

そんな理想的な人生を送るためにぜひとも「お金の教養」を身に着けることが大事になりますが、そもそも意識として

×できるかできないか

〇やるかやらないか

とチェンジすることが肝要だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-1-21

    生命保険を使って相続税を安くする方法

    「相続税を節税するため」の生命保険商品があるそうです。 相続税は、一定の資産を持つ人が死亡した…
  2. 2015-7-21

    マイナンバー制度で日本郵政に特需あり!

    日本全国の国民にマイナンバーが割り振られた通知が届くのは10月の予定です。 来年(2016年)…
  3. 2017-1-22

    トランプ政権のトロイカ体制に学べるか?

    組織はトップとNo.2で決まります。 この場合、トップもNo.2もそれぞれ一人であることが重要…
  4. 2017-6-7

    率を改善するのか?数を改善するのか?

    学校で、クラス対抗で「女子生徒の宿題提出率」コンテストをしたとします。 ところが、あるクラスの…
  5. 2019-12-12

    目に見えない妄想にいつまでも囚われてはいけない

    一休さんのとんち話はいろいろありますが、その中の一つにこんなのがあります。 あるとき、一休…
  6. 2019-12-23

    将来の経済的不安を和らげるためにまずすべきこと

    将来の経済的な面(金銭面)において不安にならない人はいない・・・と思いますが、その不安を呼び寄せてい…
  7. 2019-4-8

    「理由」で動くことがナンセンスなわけ

    サラリーマンは「理由」で動き、ビジネスマンは「目的」で動きます。 理由というのは過去に紐づいた…
  8. 2017-6-27

    問題解決時に気をつける「ある質問」とは?

    仕事ではさまざまな問題が生じます。 リーダーは、責任をもってそれらすべての解決に力を注ぐことが…
  9. 2017-11-17

    お金を「稼ぐ力」とお金を「増やす力」を身に付けよう!

    人は大なり小なり、お金に対しての不安を持っているものです。 特に結婚して子どもをもつ家庭の30…
  10. 2017-6-29

    レンタルビジネスをある視点でとらえると・・・

    私は映画は映画館で観るので、DVDを借りて観るという習慣がありません。 したがってそうしたお店…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る