セールスしやすいお客さま(見込み客)たち

こんな人がお客さんだと販売する側としては助かります(ラッキー!です)。

1.その商品をちょうど探していた人

2.お金を支払うことに抵抗感がない人

3.類似商品をすでに購入している人

 

セールスは、「今、まさに探していた!」とか「今すぐその商品を必要としている!」という人がいれば、簡単に売ることができます。

 

「全然探していないよ~買うとしても来年でいいや~」という人だと、説得に時間がかかりややこしくなります。

 

ここでのポイントは「緊急性/今すぐ」ということです。

 

スポーツをして汗をいっぱいかいた人に清涼飲料水を差し出せばすぐに買ってもらえますが、まったくのどが渇いていない人に差し出しても断られるだけです。

 

文字で書くと「当たり前」に思えるのですが、世間では「見込みの薄い人」にせっせとムダな売り込みをして、自分では仕事をした気分になっている営業マンはけっこうたくさんいると思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
人は、自分では解決できそうもない問題や悩み事であれば、それなりのお金を出す心の準備がどこかでできているものです。

 

解決できそうもないけど別に解決しなくてもいいや・・・と判断しているときはお金を支払う気にはなれないものです。

 

たとえば、家の電球(蛍光灯)が切れたとき、自分で交換できると思えばわざわざお金を出して解決しようとはしません。

 

ところが、給湯器が壊れたとか、トイレのタンクが壊れて水が止まらなくなった・・・というときは、自分では解決できないし、すぐに解決したい問題なので、お金を支払っても解決しようとします。

 

また、先の電球・蛍光灯の交換においても、これが高齢者になると自分ではなかなか容易にできないときはお金を支払ってでも解決したい問題となります。

「この問題はお金を払ってもOK」というものもあれば、「これはお金を出さずに解決したい」というものがあり、それはその人の環境等によっても違ってきます。

 

・・・・・・・・・・・・・・

ヘンな話ですが「振り込め詐欺」の被害に遭うような人は、同じ手に何回も騙されてたびたび振り込め詐欺の被害に遭ってしまう・・・と言われます。

 

これは、過去にその類似商品を既に買っていて、再度、同じような商品を買ってしまうのと似ています。

 

例えば、英語教材であれば「これまでに英語習得を目指してお金を支払った経験のある人」ほど商品を買ってもらいやすい見込み客になります。

その問題にお金を支払う価値観を持っている人なので、他の興味が全然ない人に比べれば断然購入する可能性が高くなります。

その問題(欲)にお金を支払う価値観や習慣を持っている人とそうでない人とではセールスの難易度は雲泥の差になります。

 

こうしたニーズが顕在化している人たちはセールスしやすいお客さま(見込み客)たちです。

 

営業活動で、こうした人に出会ったなら、確実にセールスを仕掛けていくことが大切だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2020-1-20

    不動産バブルの見分け方

    1980年代後半に蔓延した日本の不動産バブルの時は、都心の不動産の賃貸利回りが2%以下だったそうです…
  2. 2016-12-29

    北斗の拳/ラオウの最期の言葉

    『北斗の拳』というマンガでラオウが自分の人生最期に放った言葉「我が生涯に一片の悔い無し!」というセリ…
  3. 2019-4-8

    「理由」で動くことがナンセンスなわけ

    サラリーマンは「理由」で動き、ビジネスマンは「目的」で動きます。 理由というのは過去に紐づいた…
  4. 2019-3-27

    副業をするなら意識しておきたいキーワード3つ

    サラリーマンの中には、本業の仕事以外に「副業」として土・日などの休日に働こうとしている人も増えてきて…
  5. 2017-11-11

    なぜ基本が大切と言われるのか?

    基本とは「その物事において誰でも当然にできなければいけない基礎」のことです。 基本ができていな…
  6. 2016-12-31

    【大晦日】欲とは山だけを求めるようなものです

    人生山あり谷あり・・・ですし、人の感情も起伏がありますから、感情も山あり谷あり・・・と言えます。 …
  7. 2018-5-6

    定年後(老後)の準備は貯金だけでは心許ない・・・

    サラリーマンの定年年齢が徐々に引き上げられています。 今の若い人には信じられないかもしれません…
  8. 2018-4-6

    投資資金を区分けすることも大切です

    お金がある程度貯まってきたら、人はそれを使って「お金を増やしたい」と思い始めます。 お金を増や…
  9. 2018-2-12

    反復なくして成果・結果なし!

    お酒を飲むと誰だって多少は酔います。 同じように、いい本やいいセミナーを受けると、「ああ良かっ…
  10. 2021-2-9

    株式市場が開いている時間の意味

    「市場」というのは、当然そこに来る人がいるからこそ成り立つわけで、逆に言うと、そこに来る人を対象とし…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る