トランプ氏に学ぶチャンスのつかみ方

芸能人の人気ランキングでは、面白いことに人気ランキングの上位にいる人が不人気ランキングでも上位にいたりします。

つまり、称賛を浴びる一方で嫌われてもいる・・・ということです。

これは人間の不思議な心理の一つだと思います。

出来事・物事は一つでも、人のとらえ方はさまざまです。

拍手喝采されスタンディングオベーションを受けられる人は、その反面で非難されブーイングされるかもしれない・・・ということです。

均衡が崩れ、どちらかのほうにぶれたときにその人の位置づけも決まります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、アメリカでは共和党のトランプ氏が大躍進して世間の注目を浴びています。

かなりの過激発言があって非難されている一方でどうしてこんなにも人気が高いのか?

さまざまな要因があると思いますが、大事なのはこれが現実だということです。

どんな世界・業界でも、称賛される場に立とうとする人は、ちょっと見方を変えれば非難ごうごうとなる場に立とうとしているとも言えます。

投機の世界でも、お金が増える場は反対にお金が減るかもしれない場です。

営業でも、イエスをもらえる場は逆にノーをもらう場でもあります。

スポーツの世界しかり・・・です。

プロポーズをしてイエスがもらえる場はノーを食らうかもしれない場です。

言えるのは、チャンスの裏側には確かにリスクが存在しているかもしれない・・・・けれどもその場に立とうとしなければ決してチャンスは手にできない! ということです。

チャンスをつかめない、チャンスと出逢えない・・・という人の大きな原因は「チャンスをそもそもリスクとしか見えていない」ということなのかもしれません。

なぜなら、チャンスは事前にいつ来るかを予め告げてくれるものではないからです。

事前に「明日お届けしますよ・・・」という類のものではありません。

それだとタダの予定です。

ある日、あるとき、突然に自分の目の前に現われるのがチャンスです。

チャンスと出逢うにもつかむにも、それには「行動し続けること」が必要です。

トランプ氏は非難を怖れずに行動をし続けていたからこそチャンスをつかみ、今の位置に立っているのだと思います。

チャンスがいつ来てもいいように準備をしておくこと、すなわち動きを止めないことがビジネスでも大切です。

幸運は「チャンス」だけでは成り立たなくて「チャンス」と「準備(=継続的行動)」が掛け合わさったものだと思います。

どれだけチャンスがあったとしても、それに相応しい行動をとっていなければチャンスを手にすることはできません。

良い悪いは別としてトランプ氏はチャンスをつかもうとしていて、ある意味ではそれが脅威でもあるわけですが、一方でそれを良しとする人も多くいるというのが今のアメリカ社会の現実なのでしょうね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2020-7-25

    収入を増やす/サラリーマンとビジネスマンの発想の違い

    サラリーマンが「収入をもっと増やしたい」と思ったとき、一般的には「もっと自分の実力を高めて給料を上げ…
  2. 2017-3-31

    てるみくらぶ倒産に思うサラリーマンの選択・・・

    会社でクビになるサラリーマンの多くは実際に「クビ宣告」がされるまで、自分の生活が常時不安定に晒されて…
  3. 2017-10-15

    あなたの収入は何のため?

    私は「不労所得」という言葉を普段使わないのですが、世間一般では「働かないで得られるお金のことを不労所…
  4. 2017-2-17

    投資の一歩を踏み出しましょう!

    学校では「お金の授業」がありませんから、お金について学ぶのはみんな自分次第ですし、いわゆる独学中心に…
  5. 2018-1-18

    「5W2H」が「6:1」に分かれる理由とは?

    ビジネスでは「5W2H」を意識することが大切です。 When  いつ? Where  ど…
  6. 2017-3-25

    経営リーダーに与えられた猶予期間の使い方

    「黒字経営」ということにはどんな意義があるか?・・・と言えば、「その黒字金額分だけ会社は倒産しないで…
  7. 2017-6-12

    ブランド品を身に付けたがらないお金持ちの人たち

    サラリーマンは高級品を身に付けることを意識しがちですが、ビジネスマンは逆に高級品を身に付けないことを…
  8. 2019-12-1

    投資・資産運用では退場しないことが大事/敗者のゲームと知る

    たとえばテニスの試合で、プロ選手とプロ選手が試合をするときと、素人が素人と試合をするときとでは、勝負…
  9. 2017-7-27

    月収よりも年収/年収よりも財資産を意識する

    この時期の25日~31日というのは、サラリーマンの給料日に該当する日が多いと思います。 給料は…
  10. 2019-12-27

    お金を稼ぐ力は長期目線に立って考えると良い

    日本のプロ職人、社員、アルバイトなどの報酬・給料を時給換算した場合、その職種等によって約100倍近く…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る