又吉直樹さんに学ぶ成功哲学

芸人の又吉直樹さんは、2015年7月15日までは普通の「芸人さん」でした。

それが翌日以降は一躍「時の人」となり、世間にその名を轟かせました。

なぜなら芥川賞を受賞し、自ら書いた小説が100万部以上出版されるなどの小説家・作家として名を馳せたからです。

人生は「万事塞翁が馬」であり、昨日までの事象のとらえ方を今日からは別の解釈でとらえることがよくあります。

そして、人生が良くも悪くも大きく変化します。

その背景には必ず「原因と結果の法則」が隠れていることを忘れてはいけないですね。

又吉さんが、作家として大先生となったのもそれまでの地道な努力があったからこそ・・・です。

そして、今はまだその途上にいるのに過ぎない・・・ということも大切な点だと思います。

つまり、芸人として花が咲いた!というより、違う分野でその才能を開花させたわけで、ご本人が見据えている未来像はまだ別の次元にあるからです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京に出てきてまだ売れない頃に又吉さんは何をしていたかというと、風呂なし・トイレ共同のアパートでひたすら本を読みふけり、大学ノートにネタを書き続けたそうです。

他の芸人さんの多くはアルバイトに精を出して少しでも良い暮らしをしようとしていたそうですが、ここに発想の違いがあります。

つまり、何に焦点を当てるか?!ということです。

又吉さんは生活が維持できる程度の必要最低限のアルバイトしかせずに、あとはお笑いのネタを書くことに費やしていたそうです。

目標が「お笑い芸人として大成する」という点にあり、そのために今何をべきなのか?・・・と考えたとき、

○お笑い芸人としてのスキルを磨く
×アルバイトしてお金を稼ぐ

という判断だったわけですね。

実際に「その時があったからこそ、今の自分がある」と当時を振り返って語っています。

またこうも言っています。

「お笑い芸人として売れることを目標とするなら、お笑いに費やす時間をまず確保しなければダメですよね。
バイトを週1回にすれば、週の半分バイトしているヤツが5年間かけてお笑いに費やす時間を2年半で確保することができるはず。
もしその2人の才能が同程度なら、売れる可能性が2倍早くなると考えていました」

・・・と。

小学生時代から書き続けてきたネタ帳は普通の大学ノートでナント100冊以上 にもなっているそうです。

ネタ帳も将来を見越しての立派な「自己投資の蓄積」です。

今回、又吉さんが 「時の人」となったのは、本人が目指している「芸人」としてではなく、そこから派生して生まれた「作家」としてですが、いずれにしてもまだまだ人生の途上ですから今後芸人として大活躍する可能性は十分に考えられます。

今回のこうした一連の流れから学べるのは、

1.まず将来について考え夢を持つこと、
2.1に向かって具体的な行動を起こすこと
3.2を継続すること

です。

若い時にたっぷりと自分への投資を行ない、目標の「コミットメント」を行なうことが大事・・・など、成功哲学はいつの時代でも普遍的で統一性があると改めて勉強になりました。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2018-6-13

    ハリーポッターに学ぶ「自分がやれることはすべてやる」+「うまくいくまであきらめない」

    「ハリーポッター」と言えば、映画はもちろん、本やUSJのアトラクションなど、多くの客を動員してお金を…
  2. 2017-5-13

    中途採用で求められるのは、即戦力+成長力のある人材

    企業で中途採用を実施しているところは多くあります。 そうした企業で求める人材というのは何も「即…
  3. 2017-6-27

    問題解決時に気をつける「ある質問」とは?

    仕事ではさまざまな問題が生じます。 リーダーは、責任をもってそれらすべての解決に力を注ぐことが…
  4. 2018-7-8

    「お金」は本当に存在しているのか?

    ちょっと極端な例ですが、国民全員がある日急に自分がお金を預けている銀行に行ってその預金額のすべてを引…
  5. 2017-5-17

    不動産投資はローンを使うとレバレッジ投資になります

    野球で言えば体が大きくてパワーもあるバッターだと、軽くバットを振るだけでホームランや長打を打つことが…
  6. 2019-11-23

    自分年金の取り掛かりは少しでも早く行動を!

    2019年7に厚生労働省が発表した平成30年版(2018年版)の「国民生活基礎調査の概況」によると、…
  7. 2017-3-4

    キチンと行えば不動産投資は怖くない

    不動産投資をしている人と不動産投資をしていない人では、私が知る限りでは不動産投資をしている人のほうが…
  8. 2018-5-1

    【注意】三流社員で満足してはいけない

    新入社員は早く「一人前」になることを求められ、本人もそのつもりで働きます。 「一人前」とは「ひ…
  9. 2020-2-23

    お金の心配がないことで変わること

    経済的に自由な状態にあるということは、「多少のお金のことなら心配がない」というだけのことなのですが、…
  10. 2017-3-26

    【経営者注目!】新規参入でビジネスを早く軌道に乗せる裏技とは?

    一般的に、既に市場が出来上がっている業界に新規で参入していくのは「レッドオーシャンに飛び込む」・・・…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る