冷たい・・・という言葉

この時期は、とかく「冷たい飲食物」がほしくなります。

かき氷、冷やし中華、アイスコーヒー・・・など冬場には求めないようなモノを夏場には欲しくなるのが当たり前ですね。

ところで、「冷たい」という言葉はヒンヤリ感を感じさせてくれる言葉ですが、こと「人間」に対して使うと印象が違ってきます。

たとえば、「頭が良くて、スポーツも万能で、決断力もあって、あたたかい上司」と、「頭が良くて、スポーツも万能で、決断力もあって、冷たい上司」がいるときに、どちらの人が良いですか?・・・と聞かれると、たいていの人は前者を選ぶと思います。

前者は頼りがいがありそうで、後者は意地の悪そうな人物像を彷彿させます。

「あたたかい」と「冷たい」以外はすべて同じ表現なので、たった一言の「あたたかいか冷たいか」で人の受ける印象が違ってくるわけです。

少し変えて「頭が良くて、スポーツ万能で、決断力もあって、あたたかい上司」と「頭が良くて、スポーツは苦手で、決断力もあって、あたたかい上司」・・・にすると、まあ前者のほうを選ぶ人は多いと思いますが、後者を選ぶ人もけっこういると思います。

先の例と同じで、違うのは「スポーツ万能か苦手か」のたったそれだけなのですが、「冷たい人」で受けたときの印象ほど強い違いは感じられないからです。

面白いものですね。

それほど「冷たい」という言葉には力があると言えそうです。

それだけ人の心を刺す強い力が 「冷たい」という言葉には宿っているということです。

使い方を誤ると、人の心を傷つけます・・・。

本来、言葉はその意味付けをすることができなければまったく言葉としての機能を発揮できません。

意味を知らない外国人に「あたたかい」と「冷たい」とどっちが良いですか?と聞いても、チンプンカンプンですね。

言葉には人の心にグサッ!と突き刺すような中心的特性を持つ言葉と、そこまでは強調しないでぼんやりとしたインパクトしか与えない周辺的特性を持つ言葉があります。

優秀なリーダーは部下育成にあたって言葉選びにも慎重になります。

人は言葉によってイメージし、意味付けをして感情を動かしますから、表現力を磨き、高める努力もビジネスマンには大切なことだと思います。

今の時期はとにかく冷たいモノがほしくなりますが、あまり過剰に摂取しすぎて身体を壊さないように気を付けることが大切ですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-10-2

    就労収入から権利収入へ

    収入には大きく分けて2通りあります。 1つは自分の身体を労働させてお金を得るという「就労収入」…
  2. 2018-5-20

    【炎上防止策】文章を書くときは論理性多め・感情論少なめ

    私は学術論文は苦手です。読んでいてすぐに飽きますし、意味が分かりづらいからです。 論理ばかりで…
  3. 2017-7-21

    「投資脳」を持てない人はムリに投資をしないほうがいいかも?

    「投資とはインカムゲインを求めること」であり、キャピタルゲイン(売買差益)を求めるのは「投機」と私は…
  4. 2018-1-10

    昇り坂の儒家、降り坂の道家

    「昇り坂の儒家、降り坂の道家」という表現があります。 意味はこうです。 昇り坂、つまり人…
  5. 2017-11-26

    65歳で1億円の預貯金を目指すよりも・・・

    かつての時代は「老後を迎えるまでにいかに多くの貯蓄をするか?」・・・が勝負の時代でした。 そし…
  6. 2017-10-26

    サラリーマンの定年後に必要な覚悟とは?

    多くのサラリーマンは、定年退職後は「就労」をすることなく、自宅でのんびり過ごします。 ある程度…
  7. 2018-2-1

    私が定期的に歯医者に通っている理由

    一昨年くらいから、私は定期的に歯医者に通っています。別に虫歯があるわけでも何でもなく、いたって正常で…
  8. 2017-2-26

    お金がない!と思ったら…(お金を自由に稼げる方法・仕組みを持っていますか?)

    「お金」を持っていないと悩んでいる人の本質的問題は、「お金がない」ことにあるのではなくて、「お金を得…
  9. 2017-1-10

    労働力不足→有効求人倍率上昇→技術革新

    仕事選びで極端なことを言うと、自分の希望する基準を下げれば世の中にそこそこの職(求人)はあります。 …
  10. 2018-11-3

    サントリー2代目社長佐治敬三の戦略に学ぶ

    サントリーの創業社長「鳥井信次郎」の実の息子である敬三氏は母方の姓を継いで「佐治敬三」と名乗っていま…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る