願望や夢は、より具体的な概念に落とし込むことが大切

人の脳は漫然とした概念的な問いかけには反応しにくい・・・と言われているそうです。

 

逆に言うと、より具体的な問いかけを行なえば反応してくれる・・・ということです。

 

そういう意味では、夢や願望というのを漫然としたイメージで抱いていると実現されにくいので、より具体的に描くことが重要だ・・・と言えます。

 

・・・・・・・・・・・・・

具体的に何をどうすれば成功できるか?

幸せになるにはどんなことが必要なのか?

良い人と巡り会うには何をすればいいか?

・・・と自分に問いかけると良いと思います。

 

「成功/幸せ/良い人・・・」という漫然とした概念的な言葉を脳に問いかけても、それが具体的・唯一的なものにすり替わらないと脳は本気で動けないと思います。

 

仕事でも同じようなことを私はよく経験しました。

 

業績を伸ばしたい・・・良い人材を採用したい・・・事業を広めたい・・・といった漠然とした概念的な願望では、リーダーは本気になって行動をすることができません。

 

個々のサラリーマンが、もっと成長したい、誠実な対応をお願いしたい、マーケティングの仕事をしたい・・・というのも同じです。

 

要は「具体的・唯一的な次元」まで表現を落とし込めることが大事です。

 

それができていないために、多くの人は今の瞬間からの行動が読めず、次に何をどうすれば良いのかわからず、本気になりきれないのだと思います。

 

大命題をもっと具体的にして、中命題・・・小命題にまでに分解して、自分の腑に落とすことがコツです。

 

たとえば、漠然と「美味しい食事がしたい」と言うのは大命題です。

美味しい食事・・・と言っても、多種多様にさまざまな国籍料理があります。

 

「美味しい和食が食べたい」とすれば、これは中命題です。

 

これをさらに絞りこんで「魚を使った美味しい和食料理を食べたい」とすればかなり小命題となり、自分の頭の中で「じゃあ、それは何?」という問いかけを導けます。

 

そうすれば「答え」を導くことがしやすくなります。

→ たとえば「メロの煮つけ」・・・など。

 

大命題として掲げた概念を具体的な言葉に変換していくことが大切です。

ぼんやりした概念を分かりやすい言葉に言語化する意識は本当に大事だと思います。

 

私は現役時代にビジネスを発展させて組織を運営していくにあたってその重要性に気づくことができました。

 

サラリーマンは、たとえば「成功者になりたい」「お金持ちになりたい」と願うなら、自分が考えるその「成功者」「お金持ち」という概念が具体的にどういったものなのかを明確にすることが大事です。

 

どのような状態になることが「成功者」「お金持ち」なのか?・・・何をもって「成功者」「お金持ち」と言うのか?・・・を考えることから自分の新たな成長が始まります。

脳が動けるレベルに言語化、具体化していく行動を習慣化できれば、人生はより楽しくなりハッピーに過ごせるようになると思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-9-29

    「結果から逆算してプロセスを決定する」という思考法

    何らかの「結果」を求めるなら、基本的に頭に入れておかなければいけないことがあります。 「結…
  2. 2017-8-7

    金のなる木/金の卵を産むガチョウ

    世の中には、今の自分の収入を見て将来に不安を感じる人もいれば、あまり不安を感じないで生きている人もい…
  3. 2017-10-31

    【重要マインド】成長なくして成功ナシ!

    赤ちゃんや幼稚園児くらいだと「自分の思い通りにいかないと八つ当たり」します。 小学生~中学生~…
  4. 2018-6-13

    ハリーポッターに学ぶ「自分がやれることはすべてやる」+「うまくいくまであきらめない」

    「ハリーポッター」と言えば、映画はもちろん、本やUSJのアトラクションなど、多くの客を動員してお金を…
  5. 2020-11-23

    【覚悟】「自分の身は自分で守るという哲学」から幸運は始まる

    私が不動産投資をスタートしたのは46歳・半ばくらいの頃で、特に師と仰ぐ人もいなければ、メンターと呼ぶ…
  6. 2016-9-28

    「やれたらやります/行けたら行きます」は禁句

    日本人ははっきり断ると角(かど)が立つような気がして、ついつい曖昧な返事をしてしまう・・・とよく言わ…
  7. 2019-7-18

    中国人はなぜ加速的に裕福になったのか?

    かつて、「労働賃金が安い」という理由で工場を中国に作ってビジネスを展開してきた企業も、今では「中国の…
  8. 2017-4-14

    新規取引ではやはり過去の実績がモノを言います

    昔、私がまだ会社で仕事をしていた頃、ある会社の営業マンがやって来て「どうかうちの会社を使ってやってく…
  9. 2020-3-6

    稼げるときは勢いに乗って稼ぎまくろう!

    自分は元気で健康であっても、家族が病気になったり健康でなくなったりする場合があります。 &nb…
  10. 2018-4-14

    社会人1年目の人へのアドバイス

    新入社員・・・社会人1年目の人が「何かアドバイスをください・・・」と聞いてきたなら、私はいつもこうア…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る