願望や夢は、より具体的な概念に落とし込むことが大切

人の脳は漫然とした概念的な問いかけには反応しにくい・・・と言われているそうです。

 

逆に言うと、より具体的な問いかけを行なえば反応してくれる・・・ということです。

 

そういう意味では、夢や願望というのを漫然としたイメージで抱いていると実現されにくいので、より具体的に描くことが重要だ・・・と言えます。

 

・・・・・・・・・・・・・

具体的に何をどうすれば成功できるか?

幸せになるにはどんなことが必要なのか?

良い人と巡り会うには何をすればいいか?

・・・と自分に問いかけると良いと思います。

 

「成功/幸せ/良い人・・・」という漫然とした概念的な言葉を脳に問いかけても、それが具体的・唯一的なものにすり替わらないと脳は本気で動けないと思います。

 

仕事でも同じようなことを私はよく経験しました。

 

業績を伸ばしたい・・・良い人材を採用したい・・・事業を広めたい・・・といった漠然とした概念的な願望では、リーダーは本気になって行動をすることができません。

 

個々のサラリーマンが、もっと成長したい、誠実な対応をお願いしたい、マーケティングの仕事をしたい・・・というのも同じです。

 

要は「具体的・唯一的な次元」まで表現を落とし込めることが大事です。

 

それができていないために、多くの人は今の瞬間からの行動が読めず、次に何をどうすれば良いのかわからず、本気になりきれないのだと思います。

 

大命題をもっと具体的にして、中命題・・・小命題にまでに分解して、自分の腑に落とすことがコツです。

 

たとえば、漠然と「美味しい食事がしたい」と言うのは大命題です。

美味しい食事・・・と言っても、多種多様にさまざまな国籍料理があります。

 

「美味しい和食が食べたい」とすれば、これは中命題です。

 

これをさらに絞りこんで「魚を使った美味しい和食料理を食べたい」とすればかなり小命題となり、自分の頭の中で「じゃあ、それは何?」という問いかけを導けます。

 

そうすれば「答え」を導くことがしやすくなります。

→ たとえば「メロの煮つけ」・・・など。

 

大命題として掲げた概念を具体的な言葉に変換していくことが大切です。

ぼんやりした概念を分かりやすい言葉に言語化する意識は本当に大事だと思います。

 

私は現役時代にビジネスを発展させて組織を運営していくにあたってその重要性に気づくことができました。

 

サラリーマンは、たとえば「成功者になりたい」「お金持ちになりたい」と願うなら、自分が考えるその「成功者」「お金持ち」という概念が具体的にどういったものなのかを明確にすることが大事です。

 

どのような状態になることが「成功者」「お金持ち」なのか?・・・何をもって「成功者」「お金持ち」と言うのか?・・・を考えることから自分の新たな成長が始まります。

脳が動けるレベルに言語化、具体化していく行動を習慣化できれば、人生はより楽しくなりハッピーに過ごせるようになると思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-10-2

    就労収入から権利収入へ

    収入には大きく分けて2通りあります。 1つは自分の身体を労働させてお金を得るという「就労収入」…
  2. 2018-7-27

    【自己診断付き】歳をとったら「フレイル」に要注意!

    元気な人も歳を取り、いつか元気でなくなっていきます。 残念ですが、人間である以上仕方のないこと…
  3. 2017-9-12

    人生をマージャンに例えると・・・

    将棋や囲碁というのは2人で対局して行いますが、両者ともにスタート時点では(ハンデを除けば)対等です。…
  4. 2021-3-28

    【必見!】悪質商法に引っかからないために知っておくべきこと

    世の中にはまともなビジネスばかりが存在しているわけではありません。 残念な…
  5. 2016-9-1

    オリンピック選手が今持つべき「人生観」

    8月はオリンピックもあって世界中がいろいろ盛り上がったことかと思いますが、日本では9月になれば新学期…
  6. 2019-10-31

    投資から目を背けてはいけない

    5月から「令和」時代が始まり、早6ヶ月(=半年)が経とうとしています。 これからの時代は、昭和…
  7. 2018-6-16

    フォード車はなぜ黒色が多かったのか?

    「自動車の育ての親」とされるアメリカのヘンリー・フォードは実際に自動車を発明したわけではありません。…
  8. 2018-2-14

    【2018年バレンタイン】うまくいかなかった経験も学びの経験です

    バレンタインデーは残酷なもので、一つの決着(好かれているかどうか)をつけて、人の感情の区切りを明確に…
  9. 2017-10-21

    選挙で当選させてあげたい人

    明日(2017年10月22日)はいよいよ総選挙ですね。 衆議院選挙は全員の選挙なので「総選挙」…
  10. 2017-5-26

    大切なことは「始めること+続けること」

    相田みつをさんの言葉に 「そんとくか 人間のものさしうそかまことか 佛(ほとけ)さまのものさし…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る